昔あるラジオ番組の公開ライブに行ったときのことです。

 

 

見てはいけない光景を目の当たりにしてしまいました!

 

女性の脇の汗ジミは自分のことでも恥ずかしいのですが、他人の汗ジミを見てしまったときもなんだか見てはいけないものを見た気がして複雑な気持ちになります。

 

そのライブは地元の人気アーティストが数組出演するもので、私はひとりの若手女性アーティストを目当てに観覧に行きました。
憧れの若手女性アーティストが出演
当たり前のことですがライブホールは熱気に包まれていて、ステージもライトで相当暑かったと思います。

 

その女性アーティストはその日に限って鮮やかなグリーン(濃いめ)のTシャツを着てステージに立ちました。

 

歌が始まりどんどん盛り上がっていく会場とともに、そのTシャツの脇にはどんどん汗のしみが。

 

歌い終わる頃には両脇にしっかりと遠くからも見えるほどの汗ジミができていました。

 

なんだか憧れのアーティストがものすごく恥ずかしいものを大勢のお客さんに目撃されていて気の毒な気持ちになりました。

 

しかも!翌日のスポーツ新聞の一面には彼女の汗ジミTシャツ姿がでかでかと掲載されていました。


 

 

 

汗脇での恥ずかしい経験それによる対策

 

汗脇パッドを使っても臭いが気になるなら、清潔に保つことに!

 

私がOLをしていたとき、毎日電車通勤をしていたときに他人の脇汗を見て、自分の脇汗を確認し脇汗でYシャツがよく汗ジミがついており朝からあると仕事行きたくなくなりました。

 

特に夏場は暑いのでよく脇汗をかいていました。

 

女性の下着はキャミソールを着る方が多いと思います。キャミソールを着るということは、脇汗を隠すことができない!ことです。

 

そこで、私がよく使っていたのが、脇汗パッドです。脇汗パッド使うことによって、汗ジミを防ぐことはもちろん、Yシャツも清潔に保つことができます。

 

ただ、1日中同じ脇汗パッドを使うことはオススメしません。

 

3〜4時間ごとに交換することをオススメします。

 

1日中つけたパッドはYシャツにテープがべっとりついて取れない場合もあるので注意が必要です。

 

脇汗に関しては臭いも気になりませんか?私はすごく気になり、色々な脇汗対策のものを購入しました。あらゆるものを試しました。

 

夏場はスプレータイプが一番気持ちいいと思います、エアーなので涼しいですし、ニオイもいい香りがするので気分転換にもなりますよね、冬場はロールオンタイプがオススメです。

 

スプレーだと冷たく感じるので、サッと塗れるロールオンタイプがオススメです。

 

私は脇汗が人よりも多いので2つ使いをしていました。

 

ロールオンタイプを最初につけエアータイプを上からつけていました。

 

脇汗のにおいがとても気になる方はやってみてはいかがでしょうか。

 

女性の夏場は薄着になることが多いと思います、脇は特に気にするところだと思いますが、たまに脇毛が生えている方も見かけると思います。

 

臭いが気になる方は脇毛を剃ったほうが実はいいんです!

 

脇毛を伸ばせば伸ばすほど臭いが染みつき脇毛から臭うそうです。

 

できれば毎日剃ることをオススメいたします。

 

夏場は女性にとって汗脇対策など大変ですが清潔で臭いを自分なりに気にすることにより、女子力UPすると思います。

 

香水などを大量に吹きかけ臭いがきつくなるより、清潔に保つことにより汗ジミや臭いも気にならなくなると思います。


 

 

 

汗かきな私って

 

汗かきな私は年中汗に悩まされています!冬場でも緊張すると汗をかきますし、なぜか夕方になると汗が出てきます。

 

こまめにチェックしたり、少しでも汗ジミが分かりにくい素材や色、サイズを選んで着たり、わからないようカーディガンなどの上着を羽織っているのですが、少しでも気を抜くとすぐ汗ジミができてしまいます。そのぐらい汗かきなのです。

 

彼氏と付き合いたての頃(12月)汗かきだということもまだ告げておらず外でデートをしている時でした。

 

その日はかなり冷え込んでおりましたが、数回目のデートということで緊張していた私は汗をかいていました。

 

ただ、汗をかいている箇所は外から見えない部分、防寒具の中のみなので一見するとわかりません。

 

なので私も「脇汗はばれないだろう」とすっかり安心しきっていたのですが、少し良いレストランで食事をしようとなり、コートを脱がなければいけなくなりました。

 

コートの下がどうなっているのか確認する隙もなく、「冬だから重ね着もしてるし汗ジミはできていないだろう」と意を決してコートを脱ぎました。

 

すると、大きな汗ジミができていました。私は恥ずかしくて真っ赤になり、彼氏にもすぐにバレてしまいました。

 

彼氏が笑って受け入れてくれたので何とかそのままデートを続けることができましたが、良い雰囲気のレストランなだけにいつも以上に恥ずかしく穴があったら入りたかったです。