代謝も落ちてすっかり脇に汗をかくことはなくなってしまいました。

 

 

今私は30代!

 

私は運動しても汗をかきにくい体質のはずなのに脇だけは別でした。

 

中学生のころブレザー(中にはYシャツ)を着ていた私は少し動くだけで何とも言えないにおいが。
中学生の頃のブレザー
家に帰ってみてみると、白いシャツなのに脇の部分だけ茶色がかった黄色になっていました。

 

恐る恐る鼻を近づけると強いにおいが・・。

 

思春期の私はその時に絶望を感じてしまいました。

 

というのはその頃は現在よりも消臭スプレーが発展していなくて、強い香りでごまかすものが多かったのですよね。

 

でもやらないよりはましかと思い、すぐに消臭スプレーを購入。次の日から使用することにしました。

 

朝学校に行く前にたっぷりとスプレーをふりかけ、脇を真っ白にして登校。最初の内はにおいがごまかされている気がしました。

 

しかし、消臭スプレーをかけすぎたため、逆にその香りが強すぎてクラス中が「何この匂い?」とざわざわし始める羽目に。

 

その後担任がやってきて、すぐに匂いに気が付き、香水と勘違いされ後で説教をうけることに。

 

(担任には脇のにおいが強いためスプレーを使ったと説明し、しぶしぶ納得してもらいました。)

 

ひと騒ぎ起こしてしまったので次の日からは脇にガーゼを挟みこみ授業をうけて過ごしました。

 

意外や意外、ガーゼをこまめに変えることで、脇汗・汗ジミ・においが軽減されうれしかったことを思い出します。


 

 

 

どうやったって脇に汗をかく

 

脇汗って本当に厄介で、対策も考えものだなというお話です。

 

脇のニオイもさることながら、私自身一番気になるのが脇汗や汗ジミである。

 

ニオイなら何とかごまかすが汗ジミだとそうはいかない。

 

夏はもちろんだけど、冬場も室内で仕事をすることが多かった私は、仕事への緊張と室内の暖房のせいでいつも汗をかいていた。

 

仕事柄、荷物の上げ下げなどをすることも多く、手をあげることもあり、うっかり手をあげて人に見られることもあった。

 

対策として、比較的安めな脇に入れるパッドを購入し装着してみたが、粘着が弱かったのか、汗のせいなのか歩いていて突然足元に落ちていたこともあって本当に恥ずかしかった。

 

そしてさらに一層汗をかいてしまう自分自身がいた。