私を悩ませていたワキ汗は事前に対策

 

夏場は特にワキ汗に悩まされます。

 

少し外を出歩くだけでも、すぐに汗びっしょりになります。

 

私は、背中とワキに汗をかきやすいようで、
それが目立つ洋服を着てしまっていると、恥ずかしさしかありません。

 

以前、営業先に急いで向かったところ、ワキから汗が噴き出しており、
すっぱいニオイを放って、先方に迷惑を掛けてしまったと感じる出来事がありました。

 

それ以降、制汗スプレーをこまめに使うようにして、
更には簡単な着替えも持ち歩くようになりました。

 

その時、一緒に営業先に向かった女性の先輩から、

 

ワキのニオイを指摘!

 

傷付いたのもありますが、恥ずかしい気持ちの方が勝ちました。

 

その場では、死にたくなるくらい絶望的な気持ちになりました。

 

だからもう同じ過ちを繰り返さないためにも、
事前に対策をすることが重要だと感じるようになったのです。

 

もう、ワキ汗で恥ずかしい思いは二度としたくありません。
クリアネオとワキ汗パッドのタッグは効果的だと思います。


 

 

出掛ける前にできるワキ汗対策

 

ワキ汗のニオイには拭き取るシートとクリアネオ!
汗染みにはパットや塗るタイプの制汗剤がおすすめです。

 

段々と暑くなってくる季節で気になるのがワキの汗やニオイです。

 

どんなにおしゃれに気を使っていても、
洋服に汗染みがあるだけでとてもマイナスな印象を与えてしまいます。

 

特に流行りのネイビーや水色などのシャツやTシャツは、
汗染みが目立ちやすく気を付けなければいけません。

 

ニオイに関しても夜お風呂に入って体を清潔にしていても、
寝ている間に寝汗をたくさんかき、朝になるとワキのニオイも気になるものです。

 

出掛ける前に時間に余裕があるときは、
もう一度シャワーを浴びて汗を流しておくのも一つの手かもしれませんが、
時間に余裕がなく忙しい時は、手軽に汗が拭きとれるシートや制汗スプレーなどで、
汗のニオイを抑えておくのもよいかもしれません。

 

また、洋服への汗染み対策としては、服の脇の部分に取り付けられるパッドがあるので、
そちらを付けてから服を着ると汗染みが防げます。

 

また、スティックやクリームタイプの制汗剤は汗そのものが出ることを抑えてくれますので、
出掛ける前に忘れずに塗っておくのもよいでしょう。


 

 

私の脇汗対策

 

脇汗がひどいときはパッドで吸収させて、
ロールタイプの制汗剤で臭いを回避します。

 

私はもともと汗をかきやすい体質で(泣)
暑くなると脇が特にひどくなるんです。

 

私は夏になるとTシャツ1枚で過ごすことが多くなります。

 

そうすると脇汗が目立つことが気になり、
特にグレー系は汗がとても目立つんですよね。

 

白だと汗で茶色く汚れてしまうことも!

 

そのためつい黒系ばかりを着てしまい、あまりオシャレを楽しめないのが悩みでした。

 

そこで欠かせないのが「脇汗パッド」です。

 

スプレーやロールタイプの制汗剤も使いますが、
汗が出てきてしまうのは止められません。

 

脇汗パッドは肌色なので、
白い服を着てもパッドを付けていることは分からないので、とても使い勝手がいいですよ。

 

電車の吊革を持つときなども、
汗を気にしずいられますし、だいぶ開放的にはなりました。

 

そして汗と同じくらい気になるのが臭いです。

 

臭いに関しては意外と自分では分からないことがあるのですが、
スプレーよりもロールタイプのものが効き目があるように感じました。

 

塗った方がやはり直に効くのだと思います。


 

 

暑い夏の日の制汗セットの必要性を改めて実感しました。

 

夏の部活動のときに制汗セットを持ってくるのを忘れてしまい!
汗シミと汗の匂いに悩んだ話について。

 

私は学生時代にテニス部に所属していました。

 

暑い夏の日でも炎天下の下で、黙々と部活動に取り組んでいましたが、
やはり気になったのは脇汗や脇の匂いでした。

 

ちょうど年頃だったこともあり、制汗スプレーや制汗シートなどは常に持ち歩き、
1日に何度も使用するほどでした。

 

いつもなら部活の前、部活の途中、部活の後にきちんと制汗スプレーを使用し、
汗をかくとこまめにタオルで汗を拭きとり、部活の後にはきちんと制汗シートを使用しますが、
ある暑い夏の日、制汗スプレーと制汗シートを忘れてしまったことがありました。

 

幸いタオルは持っていましたが!
その日の部活動はタオルでただただ汗を拭きとるということしかできませんでした。

 

もちろんいつもに増して汗がだらだらと出て、
部活着の脇の部分に汗シミがしっかりと浮き出てしまいとても恥ずかしかったです。

 

また、ボールを友達から受け取るときにふと自分の手をあげて、
友達に合図すると、自分の脇からくさい匂いがしてとてもショックを受けました。

 

部活動が終わると速攻で家に帰ってシャワーを浴びたという苦い思い出です。


 

 

汗キャラの私。

 

脇汗の量とニオイのせいで情けない思いをした私の実体験。
誰もが持つニオイより、問題は目に見えるアレ!

 

発汗量の多い体質の私。

 

新陳代謝が活発!
と言えば聞こえはいいけれど、当の本人は苦労しておりまして。

 

今日はその経験の中から、脇汗と脇のニオイについて話したいと思います。

 

冬はいいのです、着込んでますから。

 

汗かいてますよそりゃあ。
胸元から中のニオイ嗅いだらヤバいですよ。

 

でも人には分からないから特に問題ないのです。

 

問題は、夏!

 

薄着ですね。
下手すりゃブラに袖なしのカットソー1枚ですね。

 

さあ、大変。

 

基本的になんかすっぱいニオイがしてる。
屋外じゃ風に吹かれてバレないけれど、狭い室内では近くに寄ってこないでと切に願う。

 

でもまあ、ニオイを指摘されたことはないのでまだいいんです。
気をつかって黙ってる感じでもなさそうだし。

 

でも、隠しきれないことがただひとつ。

 

それは、袖のある服を着た時に出現します。

 

そう、汗ジミ。

 

悲しいかな、人にはバッチリ見られます。

 

職場の上司や同僚は愉快な男性たちなので、私を汗キャラとしてネタにしてくれます。

 

喜んでいいのか悪いのか。

 

ひとりで汗ジミを付けたまま街を歩くことが億劫です。

 

いつ人に気付かれやしないか、腕を振って堂々と歩けないのがツラいです。

 

それから、服のワキの部分が黄ばむのが早いこと早いこと。

 

もはや白とか着れませんよ(スーツのワイシャツなんて嫌いだー!!)。

 

そんな私、まもなく夏を迎えます。

 

下手に制汗剤とか使ったらニオイも発汗量もさらに悪化するので、
きっと今年も何もしないで頻繁にボディシートで汗拭きをする日々が続くんだろうなあ。


 

 

 

いつまで悩むのか私のワキ。

 

10代から悩みの種の私のワキ!ワキ汗の臭いと量、現在の対策について。

 

ワキの異変に気付いたのは10代中学生頃からでした。

 

でもあのころのワキの匂いは今のに比べればかわいいもので、
若い子特有の匂いだったように思います。

 

しかし、我が家は姉妹で同じ臭いがし、耳垢も湿っていました。

 

そして結婚し子供をもった現在!
なんと私の子供も同じ臭いがし耳垢が湿っているのです!

 

さすがにこれにはびっくりしました。

 

ワキ汗の臭いなのか、自分が腋臭なのか悩んだ20代前半には、
美容外科クリニックへも行ってみましたがどうにも手術の決心がつきませんでした。

 

毛量が少なくなれば少しは臭いも軽減されるだろうと30代初めに脱毛をしましたが、
なぜか脱毛後はワキの汗の量が脱毛前よりも多くなってしまいました。

 

そのため脱毛前は夏でも着ることができたグレー等の衣類は着るのが憚れるほどです。

 

私は汗の量で恥ずかしい思いをしたことはないのですが、
ある時臭いでとても恥ずかしい思いをしました。

 

それは、ある冬にゲームセンターで子供と一緒に太鼓の達人をしたときのこと。

 

室内の暖かさからゲームをしたことでかなり汗をかきました。

 

私が着ていたフリースのワキ部分に汗が染みだしてきてしまい、
ちょうど頭の高さが脇の下だった娘の鼻に臭いが直撃したようで、
お母さんクサい」と言われてしまいました!

 

まさか冬場にこんなことになるなんて!

 

その当時は某メーカーのスティックタイプの制汗剤を使っていました。

 

ただ、使い始めは効果があるように感じていたのですが、
パウダースプレータイプもスティッククタイプも私の場合毛穴に詰まってしまうためかえって臭いがきつくなったようです。

 

(毎日お風呂でワキは洗っていましたが)

 

現在はある雑誌でみた自家製スプレーを脇にスプレーしたり、
着る服のワキ部分にあらかじめ吹き付けています。

 

ワキ汗の量は相変わらずですが、
わたしにとってはこの方法が臭いに一番効果があったように思います。